多摩北部医療センター「たまほく」

文字サイズ

副院長あいさつ

内科系副院長

平成29年4月に秋山先生の後任として内科系副院長を拝命致しました三谷です。平成7年に当時の多摩老人医療センターの循環器科に奉職して以来今日まで22年間勤務してまいりました。その間平成17年の多摩北部医療センターへの改編に伴い、それまでの高齢者に特化した医療から全年代を対象に広範囲の疾病に対応する病院へと生まれ変わり、当院は地域医療支援病院、救急病院として発展を続けております。

小児科は小児総合医療センターと連携すると同時に地域の先生方にも御協力をいただきながら救急診療にも積極的に対応し、地域の小児医療に欠かせぬ存在となっております。消化器内科は平日日中の緊急内視鏡検査・治療にも対応すべく充実した内視鏡センターの運用を開始、増々実績を積み重ねております。循環器内科はCCUネットワークにも参画しており、夜間・休日も緊急カテーテル検査・治療が可能な体制で年々症例数を増やしています。急性期脳血管障害の受け入れに積極的に対応する神経内科など、他診療科を含め、院を挙げて二次救急診療に注力しております。一方で、内分泌代謝内科と看護科、栄養科が協力して行う糖尿病療養指導などのように、生活習慣病とうまく付き合い重篤な合併症を防ぐための中長期的な視野に立った指導・診療にも力を入れています。また、クリーンルーム倍増でより安全な白血病治療が可能になった血液内科や、地域の中核となり得る陣容の腎臓内科、比較的新しく開設されたにも関わらず既に近隣随一の体制となったリウマチ膠原病科も併せ持ち、質量ともに地域に充分貢献し得る病院となりつつあると考えております。

ここでは内科系診療科の簡単な紹介のみにとどまりますが、外科系診療科も同様に充実した体制となっております。今後も当院のなお一層の発展に寄与すべく不断の努力を続けていく所存です。

外科系副院長

令和2年4月1日付で、高西前副院長の後任として外科系副院長を拝命いたしました大倉 史典(おおくらふみのり)と申します。平成10年に、当院の前身の多摩老人医療センター外科に入職して以来20余年間、外科医として一般・消化器外科、腹部救急疾患の診療にあたってまいりました。今後は副院長として病院全体のかじ取りを担う立場となり、身の引き締まる思いです。

多摩北部医療センターは(公財)東京都保健医療公社が運営する、「医療で地域を支える。」という基本理念を掲げた地域医療支援病院です。その目指すべきところは、“大学病院や専門施設に劣らない質の高い医療を、地域の方々に、地元で提供する”ことだと考えております。そして、これを実現するために3つのkey word -Quality、Safety、Loyalty-を大切にしたいと思っております。

Quality:提供する医療の質を、絶え間なく向上させていくこと。

Safety:常に安全な医療を提供すること。職員一人一人が“自らが安全を守る責任者だ”との自覚を持ち安全性の文化を築くこと。

Loyalty:患者さんには、“何かあったときは、またたまほくにかかりたい”と思ってもらえるような、そして職員には、“たまほくで働くことを誇りに思える”ような病院であること。

どれも大きなチャレンジですが、毎日少しずつでも3つのkey wordを高められるよう力を尽くしていきたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。