多摩北部医療センター「たまほく」

文字サイズ

院長あいさつ

当院は、昭和61年に開設された東京都立多摩老人医療センターが前身です。平成17年に東京都保健医療公社の運営となり、小児科を新設して多摩北部医療センター「たまほく」として再スタートを切りました。

現在当院は25診療科を有し、乳幼児から高齢者までのさまざまな疾患に対応出来る総合診療基盤を充実させ、救急医療、小児医療、がん医療、老人医療を4つの柱として取り組んでいます。

「医療で地域を支える。」という公社の基本理念のもと、地域に住む人々が安心して暮らせることが私たちの願いです。そのためには必要とされる医療需要に的確に対応し、地域医療関係の方々とも連携して取り組みたいと思います。

「たまほく」の特徴は充実したチーム医療にあります。患者さんを中心にいろいろなスタッフがそれぞれのパフォーマンスを最大限に発揮し、ベストな結果が得られるよう協働しています。

これからも、地域の皆様に信頼され安心して利用される病院「たまほく」を職員一同と共に目指します。今後とも変わらぬご支援をよろしくお願い致します。