看護師採用ホーム > 部門ごとの看護内容

部門ごとの看護内容

スペシャリストたちの看護

病床数42床の血液内科と呼吸器内科の混合病棟です。血液内科では、化学療法や輸血などの支持療法が行われています。

診断期~治療と繰り返し入院する患者さんも多く、長期間に渡り患者さんに寄り添うケアを実践しています。

病床数42床。消化器内科と内科の混合病棟です。

慢性疾患や緊急内視鏡治療が必要な疾患など、患者層は幅広く多くの知識を必要とします。
眺めが良いので、他病棟の患者さんもたびたびいらっしゃいます。かすかに西武ドームが見えます。

病床数42床。脳外科、外科、泌尿器科、腎臓内科で構成された外科系混合病棟です。

慢性硬膜下血腫、前立腺腫瘍、大腸癌などの患者さんが入院され、前立腺がん治療に密封小線源療法を行うなど身体的負担の少ない治療を積極的に取り入れています。複数科混成の病棟で手術前後の看護から緩和ケアまで幅広い知識と経験を習得することができます。

病床数41床。整形外科、眼科、呼吸器内科、皮膚科の混合病棟です。
患者参加型看護を行い、患者さんの希望に添えるよう看護実践しています。

医師・看護師・リハビリスタッフのリハビリカンファレンスや、MSWと連携し入院当初から調整を行う退院支援のチームカンファレンスなど他職種と連携したケースカンファレンスが充実しています。

病床数42床の神経内科と内分泌代謝内科の混合病棟です。
脳梗塞超急性期のリハビリを行っています。

糖尿病療養指導士が、現在3名働いています。
患者さんの退院した後のこともしっかり支援する必要があるため、医師、リハビリ科、MSWと連携をとった看護の提供をしています。

病床数35床の小児科病棟です。生後間もない新生児から重症心身障害のお子さんまで、多様なニーズに対応しています。

患児さんに安心して過ごして頂けるように病棟は四季の飾りつけを行い、クリスマス会なども実施しています。
今年の4月からプレイルームが開設され、月曜日から金曜日の9~17時は保育士が駐在しています。

病床数42床。歯科口腔外科、婦人科と一般外科の外科系混合病棟です。

周手術期のケアはもちろん、ターミナルケア(緩和ケア)・スキンケア(ストーマケア)・化学療法など外科系病棟としての様々な病期に対応した看護を提供しています。複数科混成の病棟で手術前後の看護から緩和ケアまで幅広い知識と経験を習得することができます。

病床数42床の循環器内科病棟です。

心不全の患者さんが多く、透析(血液・腹膜)を受けている患者さんも多くいます。
心臓カテーテル検査、ペースメーカー、そして、循環器看護だけでなく退院支援(チーム医療)にも力を入れてます。

特定集中治療室 8床(看護基準2:1)
人工透析室 4床

各診療科が共同利用し、ICU、CCUに適応する急性かつ重症の患者さんに対し、高度集中治療および重点看護を提供しています。
同じフロアーに設置された透析室では透析治療も実施しています。

手術を受ける患者さんの不安を緩和し、より細やかなケアが提供できるように術前訪問や看護計画の充実を図っています。

また、「安全な看護の提供」を第一目標とし、手術室看護における知識や技術の向上はもとより、様々な課題解決に向けてスタッフ全員で取り組んでいます。

24診療科外来があり、紹介予約制を原則としていますが直接来院された方にもトリアージを行い対応しています。

専門外来は、リウマチ膠原病・睡眠時無呼吸・禁煙・狭心症・ボツリヌス療法・膝のスポーツ外傷外来で対応しています。小児科は全て専門外来です。看護の専門外来は、ストーマ・糖尿病療養指導・フットケアの外来があり、有資格の看護師が担当し療養指導の充実に努めています。検査部門では、放射線治療や検査・血管造影・内視鏡下治療や検査の介助を行っています。多彩な勤務時間があり、子育て中の看護師も多く働いています。

0歳から100歳を越えた全年齢層の患者を対象に、24時間365日、北多摩北部医療圏の二次救急医療の要として、年間2万人の患者、救急車3500台を受けています。

都立多摩老人医療センター時代に培った高齢者看護に加え、清瀬小児病院移転後の地域の小児医療を担う病院として地域住民の受診依頼に応えています。新型インフルエンザの「発熱外来」や「災害拠点病院」として地域に信頼される看護の提供に努めています。

スペシャリストたちの看護

多職種による緩和ケア委員会の活動を開始しました。その中で、ナースコーディネーターの役割をしています。当院の緩和ケア委員会は、医師、看護師、薬剤師、ケースワーカーのほか、リハビリ科が早期から関わっているのが特徴です。患者さんのQOL向上のために、薬剤だけではなく、多方面からの緩和ケアの提供を目指しています。いろいろなケースを体験しながら、少しずつ成長しています。 

糖尿病療養指導外来、フットケア外来、小児糖尿病療養指導外来で、糖尿病の患者さんやその家族の療養生活支援を行っています。短い時間の中でも日常生活の悩みや治療の疑問に耳を傾けることで、患者さんの立場に立った看護を目指しています。また、外来では糖尿病以外の多くの患者さんに関わり、その思いに耳を傾け患者さんの立場に立った関わりを心がけています。

緩和ケアは、患者さんの生活や価値観、その人らしさを大切にし 痛み・息苦しさ・からだのだるさなどの様々なつらさを和らげるためのケアです。私たちの病院では、緩和ケアチームが2011年4月に立ち上がりました。現在、多職種と連携・協働し、患者さん・家族のつらさに向き合い、その人らしく毎日を生きることができるようチーム活動をしています。
今後は、外来や病棟、在宅との連携を積極的に行いながら、早期からの緩和ケアの介入・目標としています。

食事は、生きるために欠かせないものであり、楽しみの1つでもあります。
また、健康回復には栄養状態の改善はとても重要です。私たちは栄養状態に問題があり、何らかの原因で食事摂取が困難な患者さんに、多職種の専門家で構成されたNSTチームの一環として活動しています。入院前の栄養状態や食事の摂取状況、食の嗜好など情報収集し専門的な視点で意見交換しその患者さんにとってより良い栄養接収の方法を考えます。週に1回病棟をラウンドも行っています。

当院では、多職種からなる認知症ケアチームが2018年より活動しています。私はその一員として、認知症の方々が混乱することなく治療を受け、安心して過ごせるよう活動しています。例えば身体拘束。治療への理解が難しい認知症の方々に使うことがあります。安全や治療のためとはいえ、人の尊厳を傷つける行為です。病棟看護師と情報を共有し、少しでも減らすことができるようケアの提案をしています。「認知症になっても皆であなたを支えます。安心して入院してください。」と言える病院を目指しています。

がん化学療法看護認定看護師として、主に通院治療室で抗がん剤治療を受ける患者さんやご家族へのケアを行っています。
患者さん一人ひとりの気がかりや想いに寄り添い、化学療法を受けながら、その人らしく生活できるように“治療”と“日常生活”の両立を支えることを大切に看護しています。
抗がん剤治療は、複雑化、個別化が進み、患者背景やニーズは多様化しており、様々なケースに対応できるように、がん化学療法看護の質の向上に努め、その人らしい生活が送れるように、多職種、院内・院外の連携を目指しています。

手術看護認定看護師として、周術期(術前・術中・術後)を通し、手術を受けられる患者さんやご家族の負担を最小限にするためのサポートをしています。患者さんの代弁者となり、精神的・身体的・社会的な安全・安楽が得られるように、多職種との連携を行い、手術中の皮膚損傷や神経障害、深部静脈血栓症、アレルギーなどの合併症予防や手術部位感染予防の看護を実践しています。

このページのトップヘ